茨城県
  • 募集中
  • 自治体等連携プログラム・iBARAKICK!

明治36年創業!茨城・古河のソウルフード『鮒の甘露煮』を若い世代に広めたい! マーケティング戦略を一緒に考えて実行するプロジェクト

有限会社 野村甘露煮店

プロジェクト概要

【伝統産業に新しい風を!】

文化庁が認定する後世に残したい食文化『100年フード』に茨城県で初めて認定された『鮒の甘露煮』。

しかし、顧客の高齢化により販売数は年々減少、さらに後継者不足による廃業も相次いでいます。

この状況を打破するために、新しい視点で新しい顧客・販路の開拓のご支援をぜひお願いしたいです!!

自己紹介と事業紹介

明治36年に創業し、平成4年有限会社 野村甘露煮店として法人化。古河市の名物「鮒甘露煮」をメインとした甘露煮・佃煮の製造販売を行っています。
10時間以上の時間をかけ、じっくり煮上げることによって頭から骨までおいしく食べられるよう代々受け継がれてきた技法を守り造り続けています。

古河市の鮒甘露煮は、一度素焼きにしてから煮詰める伝統的で特徴的なもので、骨までやわらかく、お子様からご年配の方まで余すところなく食べることができます。尾頭付きは縁起物とされ、正月にはおせち料理の一品としても地元で愛されてきました。

しかしながら、近年の嗜好の変化により鮒甘露煮の販売数はピーク時の半分程度まで減少しており、購買層も70歳代以上の方がメインになっています。

もう少し若い世代にも甘露煮に触れていただけるよう『鮎の甘露煮』や茨城県の銘柄豚肉【常陸の輝き】を使用した『豚肉の甘露煮』など新商品の開発も行い、一定の認知を得てはいるものの、やはり古河市外に出てしまうと認知度が低い現状です。

代々受け継がれてきた伝統の味を絶やすことなく、古河市のみだけではなく、全国にもっと広げていきたいと思っています。

副業人材を募集する理由

鮒甘露煮の販売数はピーク時の半分まで減少しており、今後も減少傾向にあると予測されます。
これから事業を継続していくためには、以下の対策が必要であると考えております。

・『鮒甘露煮』の購買層の若返り(現在70歳代以上→30~40歳代以上の方にも認知させたい)
・『鮒甘露煮』の新しい販路開拓、プロモーション
・『鮒』以外で新しく開発した『鮎』・『豚肉』の甘露煮のプロモーション
・オンラインショップでの販売拡大

これまでも甘露煮組合メンバー含め上記について検討をしていましたが、知見が少ないということもありますし、考えも凝り固まってしまい、なかなか新しい発想がででこず有効な対策をうてずにいます。
日々の業務にも追われ、ついつい後回しになり手がつけられていない状況です。

副業人材の力を借りて、古河市の甘露煮文化を新たな視点でPRしていき、売上も回復させていきたいと考えています。
私が考えている上記施策以外でも全く新しい目線で自由に提案していただいてももちろん大丈夫です!

伝統産業だからこそ、新しい風を求めています!!

具体的な業務内容

『鮒の甘露煮』、新商品の『鮎の甘露煮』『豚肉の甘露煮』の認知度や売上向上に繋がるプロモーションを副業人材の方にお願いしたいと思っています。

もちろん、これまで組合を中心に様々なPR活動を実施してきましたが、
特に『鮒の甘露煮』のお客様層は70代以上であり、ほとんどが地元の方や電話での通信販売のリピーターのため、新たな売上を獲得することが正直難しい状況です。

各商品のターゲット層やニーズのある市場はどこなのか、マーケティングの観点からも副業人材のお力をお借りして改めて整理できれば嬉しいですし、
ネットでの購入ルートもまだ整っていないため、その点も同時に進めていけると更にありがたいです。

業界の思い込みや常識を一度わきに置いて、新しい風を取り入れ、更なる業界の発展を目指していきたいと考えております。

※本プロジェクトは「令和 6年度つながる茨城チャレンジフィールドプロジェクト」内「 iBARAKICK!」の一環として実施します。 https://ibarakick.etic.or.jp/

私たちがつくりたい社会/未来

鮒甘露煮は、文化庁が選ぶ「100年フード」に認定され、後世に残しておくべき商品として守っていく必要があります。
https://foodculture2021.go.jp/jirei/)
しかしながら、20年前には6社あった鮒甘露煮のお店が、現在ではたった4社まで減少し、内2社は今の代での引退を検討されています。

現在、私が鮒甘露煮組合の組合長をつとめています。
甘露煮業界がこのまま縮小していくことは絶対に避けたいと思っています。
組合内だけで話し合うのでは限界があり、もっと外からの意見を柔軟に取り入れることが必要と感じていたタイミングでの今回のお話でしたので、ぜひお力添えをいただきたいと思っています。

上記アクションプランの取り組みが、甘露煮業界全体の活性化、地域の食文化の継承に直結していくと考えています。
甘露煮の新たな可能性を副業人材の方と一緒に探っていきたいと思っています。

募集要項

事業のテーマ
  • 食・ライフスタイル
  • 文化・伝統産業
  • 地域活性化・まちづくり
役割・スキル
  • コンサルティング
  • リサーチ・分析
  • 広報・PR
注目キーワード
  • 地域活性化・まちづくり
価値観・カルチャー
契約期間
  • 6ヶ月
期待すること ・『鮒の甘露煮』の新しいマーケットの開拓(これまでの顧客層が70代以上)
・鮒に代わる新しい商品として開発した『鮎』と『豚』の甘露煮のプロモーション
・インターネットからの購入頻度、認知をあげたい
募集する人材像、スキル 【スキル】
※以下いずれかのスキルをお持ちの方
・マーケティングでの幅広い経験のある方
・SNS等を利用したプロモーション業務の経験のある方
・聞いたことを文章化し可視化する能力が高い方
・しっかりと全員の話をヒアリングし、整理できる能力に長けた方

【人物像】
野村甘露煮店の伝統や想いに共感し、誠実に対応いただける方
勤務スタイル ・毎週一度、1時間程度ののオンラインミーティング
※ミーティングで決めたことのアクションを自身の可能な時間で行います(リサーチ、企画書づくり、その他)

・月1回は現地に赴き、打ち合わせやプロジェクトの進捗に応じた現地活動(インタビュー、フィールドワーク、意見交換等)を実施します。
赴任交通費 企業負担
謝礼 月額 30,000円
マッチングプロセス 本プロジェクトは、茨城県庁主催「iBARA KICK!」(茨城県からNPO法人ETIC.が受託した関係人口創出プロジェクト「令和6年度 つながる茨城チャレンジフィールド プロジェクト(JOIN US)」)の一環で募集しています。

■iBARAKICK!公式ホームページ
https://ibarakick.etic.or.jp/

【マッチングまでのプロセス】
1.本ページから申し込む
「この求人に申し込む」ボタンよりエントリーください(併願不可)
※エントリーは説明会への参加が完了していなくても、申し込みが完了次第可能です。

2.書類選考
エントリー内容より、書類選考をさせて頂きます。
選考結果はメールにてお伝えいたします。

3.事務局面談(Zoomを使用)
事務局との面談を実施します。※選考の場ではございません。
エントリーの経緯などをお聞かせいただきます。

4.企業面接(Zoomを使用)
受入れ企業との面接を実施します。ご自身のPRの場としてご活用ください。
※後日、合否のご連絡をさせて頂きます。
その他

代表メッセージ

代表取締役社長
野村則之
私は鮒甘露煮店の長男として生まれ、小学生の頃から将来の夢は?と聞かれれば「甘露煮屋になること」と答えるほどで、当たり前のように家業を継ぎました。数年のサラリーマン生活を経て実家に戻った頃は、バブルが弾けてはいたものの事業は順調に推移しており、繁忙期の12月は睡眠時間を削って仕事をしなければならないものの鮒甘露煮を作り続けていれば大丈夫だろうと思っていました。
しかし近年では若者の川魚離れが進み、事業を継続していくためには既成概念にとらわれない創意工夫が必要となってきました。
豊富に予算があるわけでは無いのですが、私たちだけでは思い付かないアイデアをいただけると嬉しいです。

[PROFILE]

1972年茨城県古河市生まれ。
明治大学経営学部卒業後、(株)タカラスタンダードに入社。2年間の勤務の後、有限会社 野村甘露煮店に戻る。
平成27年までは古河商工会議所青年部に所属し平成23年には会長を務める。
現在は古河鮒甘露煮組合の組合長の他、古河市観光協会 副会長を務める。

企業・団体概要

企業・団体名: 有限会社 野村甘露煮店
設立日: 1992年06月
代表者肩書: 代表取締役社長
代表者名: 野村則之
従業員数: 4名
資本金: 3,000,000
売上高: 50,000,000
事業内容: 甘露煮製造販売
業種: 甘露煮製造販売業
WEB: https://www.koga-kanroni.com
所在地: 茨城県古河市本町4-3-14

コーディネーターより

NPO法人ETIC
村上義晃
皆さま「鮒の甘露煮」を食べたことありますか?

古河市では渡良瀬川や利根川が流れており、古くから川魚を食す文化があり、「鮒の甘露煮」は家庭の味として親しまれてきました。
くさみもなく、骨まで柔らかく、とても美味しく食べられます!

若い世代の方にもプロモーション次第では、受け入れてくれると思います!

新しい視点と柔軟な発想で、「鮒の甘露煮」を広めていってほしいです!

RELATED PROGRAMS 関連事業

ETIC.では、自分らしいキャリアを歩むことを全力で応援するために、働きながら次のチャレンジに向かうお試しプログラムや、
「社会を変え、未来をつくる」仕事に特化した転職支援サービスなど、多様な機会を提供しています。

ETIC.キャリアサービス

ソーシャルキャリアに関する情報・機会は、「ETIC. キャリアサービス」として統合的に、情報提供をしています。
ぜひ、今の自分にぴったりな機会・チャンスを得るためにご活用ください。